2019年7月31日水曜日

親交深めて生存確認

 学生時代に弓道部で共に4年間を過ごした旧友のTが、3年ぶりに遊びにやってきた。
 互いにガンを患い、いまも定期的な検診が欠かせない身体。いつ命が消えてもおかしくないので、定期的に会っておこう、という提案があった。

 長い月日の経過により、気持ちの整理はついているので打ち明けるが、実はTとは弓道部の主将選挙に出た仲。主将候補は私で、首尾よく勝てばTは副将になるはずだったが、11:12の1票差で敗れた。
 部員への個別訪問等の事前運動は一切せず、あえて2年間の活動実績のみでの一発評価を受けたが、この「1票差で負けた」という事実は、その後の不器用な一匹狼的人生に少なからぬ影響を及ぼしたと思う。
 Tとは深い信頼関係で結ばれていたので、負けたあとも関係が途切れることはなく、その後の50年間、細くとも確かな関係が続いていまに至る。私にとって「親友」と呼べる数少ない相手だった。
 互いの伴侶とも結婚前から交友があり、7年前に彼が札幌近郊にUターンしてからは、定期的に夫婦で会っている。


 今回は同居している高校生のお孫さん(男の子)も同乗してきた。小学生の頃に会っているが、見違えるほど大きくなった。我が家の暮らしに興味を持って、「一緒に行くか?」と声をかけたら、ついてきたという。
 3年分の積もる話で、10時から正午近くまでの2時間があっという間に過ぎ去る。
 庭で豊富に採れるラズベリーを使い、前日からあれこれ準備したが、初挑戦のラズベリーアイスは、まずまずの出来映え。ラズベリージャムをつけた焼き立てホットケーキも好評。
 以前は大の甘党だったTは、食事制限があって残念ながら珈琲のみだったが、奥様とお孫さんには喜んでもらえた。小瓶に詰めた手作りラズベリージャムもお土産に差し上げた。

 別れ際、「今年も生きて会えたな」と互いに声をかけあって再会を誓ったが、次があるか否かは、神のみぞ知る領域のハナシ。


ラズベリーアイス
1)冷凍ラズベリー200g、ホイップクリーム200cc、砂糖70g、卵黄2個
2)ラズベリーと砂糖は中火で煮立て、ザルで種をとる。
3)ホイップクリームと卵黄を加えて泡立て、バットに入れて冷凍庫に保存。→その後1時間おきくらいに取り出してヘラで混ぜ、これを3度ほど繰り返す。
(「爽やか!ラズベリーアイスクリーム」を参考にしました)