2019年7月2日火曜日

ボルト締め終了

 残っていた軸組工事のうち、方杖4本を設置。10時半から始めて、わずか2時間で終えた。終わりに近づくと作業がルーチン化し、だんだん早くなる。

 方杖は全部で14本使あるが、四隅と中央部南北方向の10本は800長とし、今日設置した中央部東西方向4本は短めの590長を使っている。
 大きな応力がかからない場所なので省略も考えたが、柱を切った残り材を無駄なく使うため、短めにして設置することにした。


 下端の固定法は楽座金とL=255のM12ボルトナット締めが基本だが、この4本だけはL=90のM6スクリューボルト3本で止めている。
 M12ボルトナット締めよりも簡易な施工で、耐力は劣る。近所にある同規模の車庫が同じ工法でやっていて、昨秋の台風と地震でもびくともしてなく、真似てみた。
 今日でボルト締めの作業は全て終えたが、あまりに強い力でスパナを使いすぎ、昨日から脇の下の筋肉が痛い。調べてみたら、計45本ものボルトナットを手作業で締め付けていた。
 専用工具を買わず、手持ちの大型モンキスパナだけでやったが、筋肉痛くらいで済んでよかった。

 昼食は久しぶりに平日90円寿司を食べに行く。7月分の食費もようやく下ろせた。家に戻ったらちょっとガックリきて、居間のベンチで仮眠。
 その後夕方までに明日からの作業に備え、再生材の寸法チェックや施工法の段取りを考える。明日は7月最初の子守りなので、ホットケーキを焼き、ネジおもちゃもひとまず仕上げた。