2019年7月31日水曜日

親交深めて生存確認

 学生時代に弓道部で共に4年間を過ごした旧友のTが、3年ぶりに遊びにやってきた。
 互いにガンを患い、いまも定期的な検診が欠かせない身体。いつ命が消えてもおかしくないので、定期的に会っておこう、という提案があった。

 長い月日の経過により、気持ちの整理はついているので打ち明けるが、実はTとは弓道部の主将選挙に出た仲。主将候補は私で、首尾よく勝てばTは副将になるはずだったが、11:12の1票差で敗れた。
 部員への個別訪問等の事前運動は一切せず、あえて2年間の活動実績のみでの一発評価を受けたが、この「1票差で負けた」という事実は、その後の不器用な一匹狼的人生に少なからぬ影響を及ぼしたと思う。
 Tとは深い信頼関係で結ばれていたので、負けたあとも関係が途切れることはなく、その後の50年間、細くとも確かな関係が続いていまに至る。私にとって「親友」と呼べる数少ない相手だった。
 互いの伴侶とも結婚前から交友があり、7年前に彼が札幌近郊にUターンしてからは、定期的に夫婦で会っている。


 今回は同居している高校生のお孫さん(男の子)も同乗してきた。小学生の頃に会っているが、見違えるほど大きくなった。我が家の暮らしに興味を持って、「一緒に行くか?」と声をかけたら、ついてきたという。
 3年分の積もる話で、10時から正午近くまでの2時間があっという間に過ぎ去る。
 庭で豊富に採れるラズベリーを使い、前日からあれこれ準備したが、初挑戦のラズベリーアイスは、まずまずの出来映え。ラズベリージャムをつけた焼き立てホットケーキも好評。
 以前は大の甘党だったTは、食事制限があって残念ながら珈琲のみだったが、奥様とお孫さんには喜んでもらえた。小瓶に詰めた手作りラズベリージャムもお土産に差し上げた。

 別れ際、「今年も生きて会えたな」と互いに声をかけあって再会を誓ったが、次があるか否かは、神のみぞ知る領域のハナシ。


ラズベリーアイス
1)冷凍ラズベリー200g、ホイップクリーム200cc、砂糖70g、卵黄2個
2)ラズベリーと砂糖は中火で煮立て、ザルで種をとる。
3)ホイップクリームと卵黄を加えて泡立て、バットに入れて冷凍庫に保存。→その後1時間おきくらいに取り出してヘラで混ぜ、これを3度ほど繰り返す。
(「爽やか!ラズベリーアイスクリーム」を参考にしました)

2019年7月30日火曜日

酷暑に遮光ネット

 午前中から気温がぐんぐん上がり、10時で32度を突破する酷暑到来。車庫建て替え作業や「ままごとキッチン」作成ですっかり遅れてしまったが、1階居間南側の窓外と2階寝室窓外に遮光ネットを張ることにした。
 実は2日前に西日の強いウッドデッキ上のパーゴラと、台所窓外には遮光ネットをすでに張っている。

 どちらも昨年より6日遅く、今年は過ごしやすい夏か?と思ったとたん、その反動のように昨夜は5年ぶりの熱帯夜で、最低気温が27.4度だったらしい。

ウッドデッキ上のパーゴラ
台所西窓

 午後には33.5度まで上がった。遮光ネットは午前中に張り終え、午後からはNHK-BS映画で「ミクロの決死圏」を観てのんびり過ごす。

 1階は床下土間コンクリートからの冷気のせいで28度までしか上がらず、過ごしやすい。土間コンクリートの表面温度を直接測ってみると、22度前後しかない。これは涼しいはずだ。2階は午後に30度を突破したので、酷暑をやり過ごすには、1階にへばりついているに限る。
 映画を見終わると30分ほどベンチでうとうとしてしまう。あれこれ疲れが溜まっている。

1階居間窓外
2階寝室窓外
2階寝室を室内から見る

 夕方の少し涼しくなった頃を見計らい、台所窓外に張った遮光ネットの上下支持棒を作り変える。長さが1250ほどあり、この2年園芸用の竹を使ってきたが、劣化でネットが脱落するようになった。
 竹では強度不足のようで、100均で突っ張り棒か鉄製園芸支柱を買うことも考えたが、思い直して再生材のヌキ板を電動ノコで縦に裂き、幅15の棒状にしてみたら、うまく収まった。無駄な投資をせずに正解。

 その後、明日の旧友来客に備え、ラズベリーアイスクリームを作る。初挑戦だが、いいものが出来そう。

2019年7月29日月曜日

孫娘3歳誕生会

 午後から孫娘の3歳誕生会があり、招待されていた。今年のプレゼントの目玉は、1週間かけて作り上げた労作「ままごとキッチン」。
 午前中ぎりぎりまで微修正を続ける。置いたままだった天板を3本のビスでまず固定。ヒーター部のプラ容器蓋に、デザイン的処理として赤と緑の濃いめのプラ板をかぶせる。
 妻はずっとお祝いの赤飯作りに勤しんでいた。


 最後に手頃な包装紙で部分的にラッピング。W600×D270×H605ある大型作品なので、全体をくるむのは難しい。
 長いリボンの手持ちがなく、恒例の写真入りバースデーカードをパソコンで急きょ作り、いざ印刷にかけようとしたら、プリンタにノズル詰まりが発生。対処するうち、インク切れが続けざまに3色も発生し、これまた対応に追われる。

 結果的に1時間以上もロスし、出かける時間が迫ってきた。インクを乾かす暇もなく、車に積み込んで出発。マンション駐車場が奇跡的に1台空いていて助かったが、到着が30分遅れた。


 到着早々に薄紫のドレスで着飾った孫娘が寄ってきて、「それはなに?」「どう遊ぶの?」と騒がしい。パーティーを始める前に包装を解き、あれこれ遊び始めた。
 工夫を重ねた「ピタゴラ的水栓」は大人気。ヒーター容器の中に入れたり、シンクを外して隠し棚に収納したり、自由気ままに遊んでいた。苦労したかいがあった。


 14時20分くらいからパーティ開始。この日は32度近い真夏日だったが、長男が中心になって作ったという料理は、どれも美味しかった。

 食事後はあちこちから届けられたプレゼントの山を順に遊ぶ。
 次男からはタブレットと連動したマルチ地球儀、長男からは電池式のプラネジ遊び、お嫁さんからは買物レジスター、お嫁さんの実家からはソフトクリーム屋さんセット等々、当分は遊びに困らない豪華な内容だ。
 暑さと連日の作業疲れで、ソファでうとうとしていたら、「ケーキを食べましょう」の声で起こされた。時計は16時を回っていたが、ミッキーマウスがあしらわれた誕生ケーキをみんなで食べる。
 孫娘の表情が一段と輝き、ぐんと大人びて見えたから不思議。こうして祝福されながら、少しづつ大きくなってゆく。

2019年7月28日日曜日

ままごとキッチン完成

 材料調達から丸1週間かけてコツコツ作ってきた「ままごとキッチン」が、ようやく完成した。
 今日の段階で残っていたのは、収納扉の取手とヒーターのつまみ。時間があれば隠し棚と包丁立ても作りたかった。

 まず、扉の取手から始める。径30の丸棒を13ミリ厚に切り、裏側に8ミリ厚に切った径21の丸棒を接着剤でつける。角を紙ヤスリで面取りし、アクセントとして表面に赤いプラ板を径22に切って貼った。
 扉の裏側からビスを貫通させて固定。割と簡単に終わった。


 続けてヒーターのつまみを取り付ける。こちらは単に止めるだけでなく、回転可能な構造とし、さらに回すと音が出るような仕掛けを施した。名づけて「ガラポンつまみ」。

「音」の正体は細い紙筒に入った豆、金属片、鈴など。赤ちゃんの時に遊んだガラガラのような物だが、イメージとしては「ガスのスイッチ音」「料理の煮炊きの音」あたりか。
 容器や中に入れる物に関し、昨日からずっとテストしていたが、インクの入っていたプラケースが最もいい音が出た。ところがスペースの都合であまり大きな容器は使えず、やむなく紙筒で妥協。やや準備不足だった。

「ガラポンつまみ」の全パーツ

 つまみ部分は径38と径30の丸棒で作り、太いほうを珈琲で塗装した。径38丸棒が少し汚れていて、扉の取手と少し気分を変えたかったこともある。
 取手同様に、表面に径30赤プラ板を写真用接着剤で貼ってデザイン的な統一感を出した。

シンク下の隠し棚

 予想よりも早く終わったので、余ったシナランバー合板でシンク下に隠し棚をつけた。扉を開けても見えないが、シンクを取り外すと出現する。
 木製水栓を作った際に割れたドーナツ状の丸棒のうち、使える分を13ミリ厚に切り、天板上の壁中央に貼った。中央の穴は赤いプラ板で埋める。特に機能はなく、単なる飾りである。

 最後にシナランバー合板の端材で包丁立て?のような物を作る。こちらもお遊びの範ちゅうで、棚や天板の片隅に置いて遊んでくれればよい。


 夕方までに全ての作業を終えた。4〜5日で仕上げるつもりが、予想外に手間取った。細部にこだわって、市販品を凌ぐ出来映えと自己評価。車庫建て替えとはまた違った、記念碑的DIY作品となった。

2019年7月27日土曜日

ピタゴラ的木製水栓

 進行中の「ままごとキッチン」は大詰めの作業に入り、今日は天板穴開けと並んで難易度の高い、木製水栓の制作に終日取り組んだ。
 単に木材で作った水栓なら、市販のままごとキッチンにも多く見られるが、それだけではツマラナイ。ちょっとした仕掛けを施し、ままごとのバリエーションを広げようと企んだ。
 使うのは直径30と21の木材丸棒。いずれも100均ダイソーで入手した。太いほうを導管にみたて、細いほうが枝管。水栓のハンドルは回るようになっているが、実は上に持ち上げると蓋のように外れる。
 すると内部は本物の水栓のようにパイプ状になっていて、穴に丸い玉などを投入すると横の枝管を通り、コロリと下のシンクに落ちるという、まるでNHKの人気番組「ピタゴラスイッチ」のような仕掛けになっているのだ。

 このアイデアが閃いたとき、実は自信がなかった。金属パイプでなく、木材の丸棒に穴を開け、2本を横につないで玉をスムーズに導くという細工が、果たしてやれるのか?

木材保護のため、紙芯をかませる
木製水栓、全パーツ

 径30丸棒を適当なヌキ板にCクランプで固定し、中心をキリでマーキング。続けて12ミリのドリルでまっすぐに穴を開ける。一気にやらずに、上下や逆回転などを使うとうまく開いた。
 次に枝管用の横穴を開け、100均で買った手芸用の10ミリ玉(カラフルラインビーズ、30個入)を入れてみた。しかし、下で止まったきり、全く出てこない。ガイド用の鉄板を入れたり、穴を広げたりしたが、結果は同じ。そうするうち、丸棒が割れてしまった。

 気を取り直し、最初から作り直す。Cクランプで固定したままの状態で、横穴を斜め下45度くらいの急勾配で開けた。すると今度は10ミリ玉がすんなり出てくる。成功だ!
 径21丸棒にも穴を開け、接続部分を斜めにカット。丸棒に紙ヤスリを巻いてヤスリがけし、タイトボンド(ギター修理用)で固定した。つなげた状態でも10ミリ玉の通りに問題はない。


 その後、導管の上に径42のドーナッツ状の5ミリ厚ハードボードを接着。さらにその上に16ミリ厚無垢材で径40のハンドルをかぶせる。ハンドル下には突起をつけ、穴にぴったりはまるよう調整した。

 この日は31度に迫る真夏日で、休憩を挟みつつ延々と作業。17時までに全ての調整を終え、天板の下から水栓をビス2本で止めて終了。水栓1個に丸一日を費やしたが、当初の構想通りの出来映えに満足。
 本日のDIY難度、5段階中最高の5。かなりの熟練と根気が必要と思われる。

2019年7月26日金曜日

雨の屋内作業

 詰めの段階に差し掛かった「ままごとキッチン」だったが、午前中から雨模様で屋外での作業はできない。やむなく居間の片隅にシートを広げ、部分的に居間テーブルも使って作業を続けた。
 今日の予定は、t19集成材天板の丸穴開け。昨夕に長丸穴を無事に開けて要領はつかんでいるが、今回はヒーター用の完全なる丸穴が2個で、難易度は上がる。
 まず、テーブルの上で慎重に墨出しをする。ヒーター代用に使うのは、100均ダイソーで買ったプラ容器。カラフルなスクリュー蓋が子供向きで、蓋の下についているリブを利用して天板にはめこむ。蓋を開けて入れ物としても遊べるのがミソ。
 リブ下の直径は107ミリあったが、慎重を期して厚紙で原寸型取りをし、きちんと収まるか確かめてから作業に入った。


 細い穴を連続させるのにドリルだけでは厳しいので、今回は彫刻刀の丸刀を部分的使い、最後は挽廻しノコを使って切り離したが、なかなかうまく運んだ。
 無事に2個の穴開けに成功。丸棒に巻いた紙ヤスリでバリをていねいに除去し、プラ容器をはめこんでみたら、ピタリ収まった。

 ヒーター部の丸穴相互の距離が最短部で35ミリしかなく、集成材の脱落&欠損リスクがあるので、補強材として幅30のワンバイフォー材を裏にビスと接着剤で止めた。


 その後、収まりの悪い扉の再調整をやることにする。扉をいったん取り外し、問題点をあぶりだす。
 蝶番の取付位置が微妙にずれていることが原因とわかり、ワッシャをかましたり、蝶番そのものをずらしたりし、ようやく満足できる収まりとなった。


 念のため、扉内側に木片を使ったストッパーも取り付けた。残る作業は水栓、ヒーターつまみ、扉の取手となったが、時間があれば隠し棚や包丁立ても作るかも。
 愚図ついたエゾ梅雨で予定よりも作業が遅れているが、パーティーは週明け月曜なので、ギリギリまで続けたい。

2019年7月25日木曜日

集成材に角丸穴開け

 午前中から「ままごとキッチン」の組立て作業を続ける。陽射しはそれほど強くないが、やけに蒸し暑い。作業用上着→作業用ベスト→長袖シャツ→半袖シャツと着替えたが、それでも額から汗がしたたり落ちる。
 かぶっていた帽子が汗で濡れ、白いタオルを頭に巻いて作業。ランニング肌着もびしょ濡れになり、昼食休憩時に着替えた。あとで知ったが、13時に30度を記録している。5月末以来の真夏日だった。

 汗にまみれつつも、珈琲タイムまでに内枠と扉の組立てを終える。
 扉と内枠には12ミリ厚のシナランバー合板を使ったが、左側の扉の収まりが悪く、ぴったり閉まらない。金属製のストッパーはあまり使いたくない。明日以降に再調整して、何らかの木製ストッパーを内側につけるかもしれない。

天板の穴開けは未着手

 雨は降りそうで降らず、珈琲タイム後に19ミリ厚パイン集成材天板のシンク用穴開け加工をすることにした。
 ステンレスシンクは100均ダイソーの140×205の角丸ステンレスバットで代用する。ツバの部分の内側形状を正確に測り、天板に鉛筆で型取りする。

 型取りの1ミリ内側にも鉛筆でマーキングし、3ミリ間隔くらいでセンタポンチを打つ。それを目印に2ミリのドリルでまず穴を開け、直線部はそれを起点に縦に穴を拡大し、最後に2種類のノコで切り裂く。
 角丸部は4ミリのドリルで穴を拡大して、穴と穴を連続させる。ドリル刃を回転させて斜めに前後することで、4ヶ所の角丸部が分離した。


 最後に紙ヤスリで仕上げ、ステンレスバットをはめ込んでみると、ぴったりはまった。集成材に穴を開ける作業は難易度が高く、ホームセンターに外注すると、丸穴で432円する。今回の作業の大きな山場だったが、うまくやれた。
 明日はヒーター用として、その丸穴を2つ開ける。
(天板穴開けは、SayWoodwork「ままごとキッチンの作り方」を参考にしました)

2019年7月24日水曜日

ままごとキッチン組立て

 空模様が怪しかったが、加工の終えた「ままごとキッチン」の組立てをウッドデッキで始めた。
 13本あるワンバイフォー材を縦につなぎ、全体を壁状にする必要がある。1ミリのズレも許されないシビアな作業で、組立ては平坦なOSB合板の上で慎重に進めた。

 昼食後に小雨がポツポツ落ちてきたが、降雨レーダーで調べたら、ごく小さな雨雲が通り過ぎるだけ。本降りにはならない様子で、作業はそのまま外で続けた。
 珈琲タイムまでに外枠部分の組立てを終える。大きな問題はなく、ほぼ設計通りの出来映えだ。


 その後、集成材天板の加工をし、外枠にはめこんで仮置きしたところで、またポツポツ降り出した。今度はかなりの降りで、この日の作業はここで打ち切りとした。
 残る作業は扉と内枠の加工、シンクやヒーター部をはめこむ天板の穴加工、水栓とヒーターつまみ部の細工で、あと2日あれば終わるはず。(塗装はしない)雨の場合はシートを敷いて室内でもやれる。
 雨に濡れながらも、まだまだ採れるラズベリーを摘み、洗濯の済ませたパジャマ3着を母の暮らす施設に届ける。連絡を受けたのは2日前だが、短期間で対応できてよかった。

2019年7月23日火曜日

母のパジャマを調達

 孫娘用ままごとキッチンの制作にとりかかった。設計図に基づき、材料の加工をする。本体外枠はワンバイフォー材1×4を使う。
 車庫建て替え作業なら数ミリ程度の誤差は無視できるが、今回はそうはいかない。誤差目標は1ミリ以内で、合わないときは紙やすりで調整する。


 購入したワンバイフォー材のソリや捻れがほとんどなく、その点では助かった。作業するなかで多少の収まり変更はあったが、夕方までかかって、ほぼ図面通りに切断加工を終えた。
 全体の組立てと、それに伴うパイン集成材天板や扉、その他小物の加工は明日以降とした。
 朝刊に衣料系スーパーのバーゲンチラシが折り込まれ、施設の母が早急に必要な夏物パジャマもあるらしいので、夕方に出かけた。

 手頃な薄紫のストライプ柄を1,100円で入手。帰りに衣料のしまむらでもグレーの品を1,900円で購入。昨日買った品がサーモンピンクのストライプ柄で、最初に持参した品が上着が白系でスボンが黒のルームウェア風。
 婦人物パジャマはフリルやリボンの飾りがついた「可愛い系」の品が多く、高齢者向けの選択肢は極端に少ないが、シンプルでパターンの違う4着をバランスよく準備できた。

2019年7月22日月曜日

母と孫との両対応

 母が施設で使うスポンジ歯ブラシの在庫が残り少なくなり、昨日買った分を急ぎ持っていった。
 家族が定期的に補充すべき他の備品には、シャンプー、ボディソープ、テッシュペーパー、入れ歯洗浄剤、スキンローション、消臭スプレーなどがあり、かっては食品のチョコレート、ふりかけ、シロップなどもあった。

 施設で購入してまとめて請求、というシステムにはなっておらず、なくなると連絡がくるか、家族が随時チェックして補充する。
 およそ週に1回は何かしらの備品類を補充に通っている感じで、自宅が施設から遠い場合は、とても対応しきれないだろう。
 今日はそのほか、4日前に依頼されたパジャマも持参した。終日をパジャマで過ごすようになり、現状で夏用が2着しかなく、クリーニングが間に合わないことがあるという。(ちなみに、洗濯は業者委託で有料)
 あと2着必要と聞いていたが、ひとまず1着だけ買って持っていったら、別の担当者が全部で4着欲しいという。既存分と合わせると計6着となり、急に汚してもやり繰りが可能になる数らしい。

 つまりはあと3着必要ということで、その足で近所のショッピングセンターに行き、手頃なバーゲン品を1着だけ調達した。
 高齢者の女物で、いかにもパジャマには見えないデザイン、しかも長袖前ボタンという難しい条件をクリアする品は、そうは見つからない。残る2着は別の店で近日中に探す必要がある。

 1年弱使った座椅子が介護度の進行で必要がなくなり、部屋から持ち帰るように先日言われた。今後使う可能性はゼロとのことで、すっぱり処分することに。
 今日は同じショッピングセンター内にあるリサイクル店で買い取りしてもらったが、事前に入念に清掃したせいか、予想を超える千円の値がついた。パジャマ代の一部にはなる。
 夕方、孫娘の誕生日プレゼントとしてリクエストのあったDIYままごとキッチンの材料を買いにジョイフルへと出向く。
 設計図に従ってそろえたが、全て無垢材なので、材料だけでもかなり高くつく。明日から作り始めるが、集成材の天板にシンクやヒーター部の穴を開ける加工が難しい。何かと忙殺される。

2019年7月21日日曜日

祖父母にワガママ

 通算何度目かの孫娘サッカー子守りの日。8時45分に東米里サッカー場で待ち合わせ、試合中はあたりを散策して時間をつぶす。暑さのせいもあってか、今日は孫娘の行動範囲が狭く、終了間際まで試合を観戦する余裕があった。
 息子の所属チームは人数が10人しか集まらず、カウンター狙いの難しい展開だったが、少ないチャンスをものにして2:1の僅差で勝利。
 草サッカーだがラフプレーが少なく、基本に忠実なプレーが多くて、なかなか面白い試合だった。


 応援にも飽きた孫娘が、突如「バナナ食べたい!」と愚図りだす。いつもならリュックの中にあるが、この日はなぜか入ってなく、朝の食べ残しだというトーストが1枚あるだけ。トーストを半分食べさせても納得しない。
 このところ会う機会が多く、慣れもあって、祖父母にワガママも出るのだろう。息子は試合後に審判の当番があり、終了は12時半過ぎ。この日は妻の負担も考慮し、弁当は持参していない。どこかで昼食をとる必要があり、車で近くのイオン東苗穂店に移動することに。
 イオンに祖父母(つまりは私たち)と来るのは初めてだが、さっそくバナナを買うつもりでいたら、入口付近にあるアンパンマンの飲料自動販売機で立ち止まる。
「アンパンマンジュースがいい」
 じゃあ、バナナは?と確認すると、いらないとの返答。いきなりイチゴジュースに変更になってしまった。

 その後2階に上り、売場をちょっと散策してから、フードコーナーへと移動。まだ11時前だが、朝が早かった場合、過去の経験から早めに食べさせるのが得策である。


 妻と私は長崎チャンポンと皿うどん、孫娘はケンタッキーのキッズナゲットを食べた。弁当持参よりはるかに高くつくが、手間いらずで美味しい。難しい選択だが、たまにならよいのでは?
 その後、おもちゃ売場へと移動したが、ここで孫娘が完全にハマった。次から次へと遊具やらオモチャで遊びだし、際限がない。公園の遊具見守りとは別の辛抱が必要で、そうするうちに長男の待つサッカー場へと移動する時間が迫った。

 ところが孫娘を促しても、全く無視。叱りつけて引きずり出すことも出来ず、やむなく長男にメールを送って、自宅マンションで合流することを提案した。
 すると、長男がイオンにやってくるという。30分経って長男と合流。遊具にたてこもる孫娘をつまみ上げて強制回収した。祖父母が相手で甘くみたということではなく、オモチャ売場ではいつもこうらしい。
 計5時間の子守りからヤレヤレと解放され、帰路はトライアルで定番食料品や母の介護用品、DIYおもちゃキッチンのパーツなどを調達した。

 最後に選挙の投票に行く。暑い午後のせいか、投票所は閑散としている。投票率が極端に低いことを夜のニュースで知った。日本社会はどこに向かって漂っていくのだろう?残念だが、希望のない未来しかイメージが浮かばない。