2019年8月7日水曜日

物置制作開始

 札幌はついに10日連続の真夏日。68年ぶりの記録なんだとか。とはいえ吹く風はすでに冷たく、街角にはコスモスも咲いて、秋の到来を予感させる。
 妻は昨日保険証を間違えて診てもらえなかった眼科へ、午前中から出かけた。昼食は回転寿司に行き、その足でビッグからトライアルに回り、定番食料品を調達。どの店も相変わらず閑散としている。
 帰宅後、16時半くらいから車庫に付属する物置の制作に取り掛かる。暑さが去るまでやらないつもりでいたが、ままごとキッチン作りや雑草掘りが終わり、腰痛もかなり回復したので、少しずつでも始める気になった。

 場所は車庫北側の建物側。車庫の柱2本の間から外へせり出す形に設置するが、上部1/3の空間は塞がず、風が通り抜ける構造にする。


 詳細な設計図はすでに完成していて、それに従って材料を切断加工する。使う材料は大半が解体した古い車庫の再生材。引戸と外壁材だけは新しい材料を使う。
 今日は100×100の角材2本を加工し、土台となる材料を切り出した。束基礎の上端と同じレベルになるようレンガやコンクリート縁石等を見繕い、コンクリート床上に仮置きしてみたが、レベルがピッタリ合って、そのまま調整なしで使えそうだ。

 一部の仕口加工や清掃、塗装は未着手。明日夕方から天気が崩れるので、本格的な組立ては来週からになるかもしれない。